2006年04月10日

「ネットワークDVR」計画に、待った!?

「ネットワークDVR」計画に著作権者が「待った」 (ITmedia)


現在開催中の米NCTAでの話題。

Cablevision Systems社が計画している、「ネットワークDVR」に、
番組制作者が「著作権上問題がある」と主張している。らしい。

何がどう、問題なのか分かりませんが。。。


家庭にHDDを置くより、センター(CATV局)側にHDDを置いて集中管理した方が、より厳密な著作権管理が出来る筈。
全体のコストも、下がるので、いずれは、こっちの方向だと思います。わーい(嬉しい顔)


VoDの一形態と考えれば、何も問題無いと思うのですが、VoD用のライセンスと、通常のライセンスとで、制作者に渡す利用料が異なるとすれば、より高い利用料を請求されることになるのかもしれません。

違法コピーが心配とか、そういう単純な懸念ではなくて、正当な利益配分とはどうあるべきか、という論争なのかもしれません。(視聴者の利益・費用負担も含めて)ひらめき



posted by shigepi at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。