2005年09月28日

『RD-H1』ブームは、終わらせない! (Part3)

ちまたでは、「RD-X6」発表のニュースなどが駆け巡っていますが、
そちらは、ちょっと情報を整理してから。 今日は、懲りもせず、

ポスト『RD-H1』を考える、第三弾です!


が、しか〜し、これだけで、10万台売れるのか?

まだまだインパクトが小さい。バッド(下向き矢印)

マニア層を動かすには、もっと強烈な『何か』が必要だexclamation


そこで、だ。

新たに、『カスタムリモコン』を提案したい。 (誰に、言ってるんだ?)


オンライン販売という形態にも、ピッタリ合ってる。

自分で新しい機能を定義して、ボタンを作ることが出来たらいいなぁ〜

30秒、1.5分、5分スキップとか。並べられると便利かも。

ワンタッチで録画ファイルを消去するボタンも欲しい。


他に、どんなボタンが欲しい? >ALL


時間をかけて、オリジナルのボタン配置を設計

自分だけの、世界でたった1つだけの『カスタムリモコン』が届く。


ボタン文字は、シルクスクリーン印刷してくれたらベストだけど、

専用シールと、保護シートのキットでもいいなぁ。


オリジナルのロゴを入れられたり。

世界でたった1つだけの、『カスタムリモコン』 萌え〜〜黒ハート



値段はスバリ、39,800円!! (勝手に決めてゴメン)

これで、10万台突破は間違い無い!



『カスタムリモコン』コンテストを開催すれば、

究極のリモコンを目指して、マニアが次々とオーダーしてしまい、

気付いたら、RD-H2が3,4台届いていた。。。がく〜(落胆した顔)

なんてことになるかも。


優秀作品は、shop1048で、オリジナルブランドで販売!

一定のマージンが、作者に支払われる。。。わーい(嬉しい顔)


いい!!揺れるハート 素晴らしい!!むかっ(怒り) 是非、実現して欲しい!!!わーい(嬉しい顔)


posted by shigepi at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東芝 RD-Style
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。